Eternal*Avenue

旅行・おでかけ

パスポート

今日やっとパスポートを取りに行けた。
受け付け時間を間違えてた私(しょっちゅうあること)、気がついたのが受け取りの1時間前で、車を飛ばしに飛ばし、幾度となく車線変更をし、ついたのが2分前…。はぁ~あたしって。
でも、どうにかこうにかまた一つ前進しました(良かった)。
子ども達のパスポート代だけで2万円・・・。大きい出費です。
後は高速バスの予約と宅配便の予約。やることってホント沢山ありますな。

カリフォルニア旅行記

一週間ほど前に、一足先にパパが出張にたった。それから大変な戦いが始まるのである。

旅行出発の3日前のことだった。あーまが突然熱をだして、しかも39度台の熱!もちろん病院に行き、診察して薬をもらい様子を見ることに。でも一向に下がらない。
そして、あっという間に前日となった。
念のためかかりつけのお医者に再度診察を受け、旅行の話をすると、「まー解熱剤と、薬を上げておきますので行っても大丈夫でしょう」との返答。
しかし、出発の朝に38度39度もあったら、さすがにとりやめようと思っていた。熱がでて3日目だったし、そろそろ薬も効いてくる頃と思いながら期待を込めて朝を迎える・・・。

熱を測ると、やった!!37度だ!

その後、サンフランシスコにいるパパから国際電話が入った。大丈夫そうだということで、旅行決行を決断!!

そして、我が家の家族旅行が始まるのであった・・・。
前もって予約した航空券のEチケットを、ノースウェスト航空のオンラインチェックインにアクセス!

チェックインを済ませ、11時20分発のバスに乗るために電車で一路たまプラーザへ。

 

t-image1.jpg

 

もちろん高速バスのチケットも事前にインターネットで予約していました。

このEチケットって座席も決まてて便利。それにプリンターつきのパソコンならサイトに事前アクセスすることで、そのままチェックインができます。

この時プリントアウトした用紙を持っていけば混雑するチェックインはスルーパスでビジネスクラスの入口から入れます。本当に便利な世の中だわ。

たまプラーザから、成田直行便のバス、約2時間で成田まで。しかし、この後地獄が始まる・・・・

地獄の11時間

空港に着いたのは出発の約2時間前。

宅急便で前日に贈ったスーツケースを取り、急いで荷物をあづける。

実は、バスの中であーまの熱が上がりだしたのであった。
取りあえず、出発まで90分くらいあるのでレストランで軽い食事をとり解熱剤と風邪薬を飲ませ、少し休む。

 

t-image2.jpg

 

その後、お金の換金などして出国審査へ。

セキュリティーチェックを受けいよいよ28番ゲートへ。そして最後搭乗口で「せキュリーティーの最終チェッご協力を」と言われ、何気に快く承知してたら。。。なんと!!私のポーチから眉毛のはさみが・・・・。

そういえば、子供の熱だの何だので向こうでいろいろしようかと、持っていたのだった(汗。
トランクへ摘めば良かったのに…(´;ω;`)ウゥゥ
でも、その眉鋏を取り上げられて(クスン)、なにやら書かされて(私が危険物所持犯にみえたのか(怒))、で、なんとか無事(??)飛行機の中へ。
ほんとうにギリギリの時間で、席について5分もしないうちに離陸しはじめたのだ。
そして・・・。魔の10時間が始まる・・・・。

 

t-DSCF0235.jpg

NW2便 15時45分発

 

離陸後しばらくは熱も下がり機嫌も良く過ごしていたあーま。

そう、それは6時間もたった頃から・・・。

あーまの体がみるみるうちに熱くなり、そうそれはもう熱く、辛くて眠れないのか機嫌も悪くなり…。
空港で解熱剤を飲ませたが、きっとまだ治りきってなく効果が薄れたせいなのだろう
あまりの熱さにスチュワーデスさんを呼び事情を話したが、薬はないと…。

でも、心配してくれて様子を見に来てくれ、額に手を当て「Oh my god!!」と。

それから、機内アナウンスで英語はわからんかったけど「お医者様はいませんか?」みたいな、ほら、良くドラマとか映画とかのシーンがあるじゃない。そんな感じの放送が流れて・・・。
それでも、3人位搭乗していたのよ、お医者さん!その中で、女医さんがいきなり服を脱がせて…。 熱を冷ますにはそれが一番なのかな?
結構外人は荒っぽいから吃驚したけどでも、嫌がるあーまの体にタオルを当てて冷やし、薬は挙げられないけど、意識もはっきりしているから、冷やして様子をみようといことに。
緊急着陸の話がちょっと出て吃驚したけど、その必要はなさそうだと言われ、少し安心。

でも、まだ到着間5時間くらいあって…。
暗い機内でスポットライトを浴びて、泣き叫ぶあーま。もう本当に泣けてきた、なんで来たんだろうって(´;ω;`)ウゥゥ おぃおぃ(泣く場面よ!!)
でも、そうこうしている内に、後3時間くらいになった頃から、少しずつ熱も下がり始め、あーまも寝付いてくれて。 到着の頃にはすっかり熱も下がって、元気になっていました(ホッ!)

あー本当に良かった!
そうして、なんとか10時間のフライトを乗り切ったAKRMAファミリー(パパ除く)でした・・・。

ロサンジェルス到着!

飛行機はほぼ定刻(26日朝9時45分)で到着した。

何とかアメリカの地に降り立ったAKRMAファミリー(マイナスパパ)、機内でのごたごたで未だ入国審査の用紙が出来てなく、トランクを受け取る前にあせあせしたら、世の中にはいるもんです救う神。

しかも日本人!!その方は案内の人で、入国審査のめんどくさい泊まる住所や、いろいろ手伝って書いてくれた・・・。

私の様子がいかにも大変そうだったのかなぁ(反省)。
そこで、あーまのことも心配だったので、近くの病院について聞いてみた。
だけど、緊急外来は大変だと(お金も、薬も強いか・・・ら)。で、一度保険会社に聞いてからの方がいいと…。そこで、一度ホテルに入ってから考えることにした(熱も引いていて結構元気になってたので)。
でも、病気のことを心配してくれて、敬謙なクリスチャンだったもので、お祈りまでしてくれました。神のご加護で必ずよくなりますよって…。
こんな異国の地で、こんなに親切にしてもらい、もう感激でした。

その方のお蔭で4人分の入国審査も無事終え、トランクを取って出口に行けたのが到着から1時間30分くらいたっていた。
予定ではパパが少し早くサンフランシスコから到着して待っていることになっている。きっとなかなか出てこないから心配しているだろうなぁと思いながら、あ~やっとパパに会えるという嬉しさと安堵感一杯で出口に向かった。
なのに……。いない!!

なんでじゃ!!待っても来ない…。こんなことって…。

ホント色々有り過ぎて、眩暈が…。

って15分くらいが過ぎた。

そこへ…見覚えのある顔が!来た!!

でも、さすがにその時は怒りより安堵感の方が大きかったというのが実感かな。

話を聞くと、サンフランシスコで一本乗り遅れたとか・・・。
おいおい、こんな思いをしてやっと辿り着いて感動の再開に遅刻かい!!
話を聞くと、どうも、最近はセキュリティーがどこでも厳しくなっているようで、そのため遅れたというだが・・。しかも、ロスの空港はターミナルが7つくらいあって、それぞれ飛行機会社で分かれてるから、ターミナルが違うとバスで巡らないとならないらしい。
そんなもんで、パパ自信も疲れ果てていたのであった。

でも、取り合えず会えました~♪

いざ、アナハイムへ

その後、まず予約していたレンタカーを借りるため、バスで移動する。

ちゃんとレンタカー屋さんまでバスが出てるの。さすがに広いアメリカ、レンタカー無しでは行動できないもんね。
借りたのはハーツで、車種はフォードのトーラスでした。この車には旅行中本当にお世話になりました。

t-image3.jpg
そして、レンタカーを借りて、車に乗ったのが11時30分くらいでした。

さぁ、いよいよアナハイムへ 出発です♪

しばらく道を走って、右走行と標識になれました。
アメリカの標識や通りの標識には方向が示してあってとっても解り易い。

フリーウェイもあり本当に便利。でもさすがにダウンタウンの近くは渋滞はありました。

さて空港から405号線に乗り、ひたすら走り続けること1時間、ようやくアナハイムのホテルに到着しました。
チェックインは3時でしたが、空いてる部屋があったので早くチェックインできました。

 

t-image4.jpg
アナハイムシェラトンBallRoad越しに
 

この日は、午後あーまの熱がまだ少し出たのですが、パパとも相談して、薬があるのでそれを飲ませて様子を見ることにしました。

お兄ちゃんお姉ちゃんとも遊ぶくらい結構元気になってたのでね。
でも私自身がもうダウン寸前だったのこともあり午後は、ぐっすりと眠ってしまいました。
時差ぼけを早く直すには頑張って起きてるのがいいのは解ってたのですが、もうそれどころではなかったのでね!

 

t-image6.jpg

 

そして夕方起きた時は、子ども達がまだ寝ていたので、パパと二人で近くのスーパーまで買出しをしました。

ちょっとアメリカンライフの真似事みたいで、ストレスも吹っ飛んでしまいましたよ。帰りにお馴染みのマクドナルドでテイクアウトをして夕食にしました。あーまの熱も下がり食欲もでてきました!一日目は何とか無事に終わりそうです。

 

t-image50.jpg
 

ホテルのプールです。

翌日から、上の二人は、こちらで大分遊ばせていただきました♪